MENU

【LCCスクート】機内に飲み物を持ち込めるの?実際に乗ってみて分かったことを紹介します。

※トップ画像はBing (Bingのチャット機能で作成された画像です)

海外旅行に行くときに利用するのが「飛行機」です。
何となく「金額が高いのでは・・・?」と思ってしまいそうですが、LCCを利用すると意外と安く行けてしまいます。

ですが、LCCというと・・「サービスがイマイチ」というイメージの方もいらっしゃるかもしれません。
実際のところ、機内食もオプションなので、使い料金を払わない場合は「移動するだけの手段」といっても過言ではないかもしれません。

食べ物は我慢できるけど、飲み物はちょっと我慢できない・・という方もいらっしゃると思います。
飲み物を我慢すると、血液がドロドロになってしまいそうで、健康面でも避けたいところです。

この記事では、以前スクートを利用してシンガポールに旅行をしてみて感じた「LCCスクートの飲み物事情」について紹介したいと思います。
結論から言うと「飲み物の持ち込みは大丈夫でした」(とはいえ、乗った便がたまたまということも考えられますで、持ち込めたらラッキーくらいの気持ちでいた方がいいかもしれません)

目次

日本~シンガポール便

Bing (Bingのチャット機能で作成された画像)

日本(成田空港)からシンガポール(チャンギ国際空港)へスクートを利用した時は、問題なく飲み物の持ち込みができました。

飲み物を購入するタイミングは「出国審査終了後」から「飛行機の搭乗手続き」までの間です。
荷物検査・出国審査の段階で飲み物を持っていると没収(その場で飲むか、捨てるかしないといけない・・・)されてしまいますので「事前購入」はあまり意味がありません。
のどが渇いてすぐにでも飲みたい、という場合以外はおススメできません。

  • 空港でチェックイン
  • 荷物検査・出国審査
  • 搭乗口まで移動
  • ☆ここのタイミングで飲み物を購入
  • 搭乗
  • 出発

無事、荷物検査・出国審査が終わりましたら、搭乗口までの移動中にある「自動販売機」で好きな飲み物を買っておきます。

飛行機に乗ったあとは、座席正面にある網?に入れておいても問題なかったです。

この飲み物はダメ

飲み物なら何でもいいかというとそうではないようです。
同じ便に乗ろうとしていた方で「マクドナルド」や「スターバックス」の持ち帰りの飲み物容器(倒れたらこぼれそうなもの)を持ち込もうとしていた方が注意されていました。
(その後は、機内に乗り込む手前にあったテーブルの上に置いていました・・・持ち込み禁止のものはここに置くのかも)

またたび

「飛行機で好きな飲み物を」と思っていても持ち込めなければ意味がありませんので、ペットボトル飲料にしておくと安心です。

シンガポール~日本便

インターネットで調べていると「日本から出発する便の飲み物についてはOK」ただし「海外から日本へ行く便の飲み物については厳しい」という情報が多くありました。

そのため、帰りの便では「飲み物は持ち込みできない」と思っていました。

ですが、実際に乗ってみると当初のイメージとは違っていました。
結論は、持ち込みできることが分かりました。

ただし、搭乗までの流れが日本と少し違っていたので注意が必要です。
(便によって違うかもしれませんが)乗った時は以下の順番で手続きしました。

  1. 空港でチェックイン
  2. 出国審査
  3. 搭乗ゲートへ移動
  4. 搭乗前に荷物検査:ここで飲み物を持っていてはダメ
  5. 待合室で待機
    ☆(待合室にある給水機で水をくむ)
  6. 搭乗

飛行機に乗る直前に荷物検査があったのがとても意外でした。
「飲み物を持ち込ませないため?」と思ってしまったのですが、荷物検査が終わってから待合室に行くと、なんと・・・「給水機」がありました。
何人かは、事前に空のペットボトルを用意していて、水を汲んでいました。

初めてだったので流れが分からず、結局水を持ち込めませんでしたが、知っていれば水の持ち込みができます。

ポイント

帰りの便では、飲み終わった「空のペットボトル」を荷物に入れておき、荷物検査後の「給水機で水を汲む」ことで、飛行機内での水分補給の心配がなくなります。

水以外の選択肢がないのが欠点ですが・・・

飛行機の飲み物は高い?

Bing (Bingのチャット機能で作成された画像)

スクートに乗った時に「ビールが8シンガポールドル」とかなり高い印象でした。
「缶ビール一本で約800円・・・高すぎる」LCCの飲み物は高い・・。

そんな風に思っていました。

ですが、シンガポール旅行をしていると、そうではないことに気が付きました。
それが「コンビニのビールの価格」です。

コンビニのビールの価格も8シンガポールドルくらいでした。
(ちなみに500mlペットボトルの水で3シンガポールドルくらい・・・300円くらいです)

もしかしたらシンガポール価格なだけかもしれません。

シンガポール旅行に興味のある方は・・

シンガポール旅行に興味がある方は、すでにインターネットや旅行ガイドブックで情報を収集しているかもしれません。
ですが、実際に行った様子を知るにはYouTubeの旅行Vlogを活用するのがおススメです。

活字情報ではなかなか伝わらない、現地の様子、電車の乗り方、料理・・・など、多くの方が情報発信をしていらっしゃいますので、見ているだけでも「ここに行ってみたい」など、旅行プランができてくると思います。

ちなみに、またたびというYouTubeチャンネルで旅行の様子をシェアしているので、興味がある方はご覧になってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次